FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

最後にもう一度MW観たい・・・

何日か前に買った漫画が、そう大して面白くなかったけど、今後を期待して2巻目(完結)を買って読んだら最悪なつまらなさだったのでそっこーで売りに行った、こんばんは、のむヨーグルトです。


2冊とも売りに行って、1巻は600円くらいで買ったのに、買い取り値が付かなくて
かろうじで買い取ってもらえた2巻も「170円」買取だったのでかなり情けなかったです。
正直、面白くない作品って、みんな同じようなことを考えてるんですね・・・。
根性で違う店に行って1巻を売ったら、「30円」で買い取ってくれました。・・・・わーい


はい、で今日もMWネタで行こうかなって思います。
映画としてはB級映画だと思っているんですが、カメラワークは非常に面白いところが多々あります。
お気に入りは、前も書いたとおり「第二の殺人」なんですけど、その他に結城が水の中の「MW」を
取り上げようとするシーンがとってもきれいです。
この二つは映像的に綺麗なので、カメラワークとはちょっと違うんですけどね(苦笑

結構印象に残るのは最初と最後の鳥瞰ショット部分です。
結城を頭上から撮っているものですが、風を切るというか、物語のスケールの大きさを感じさせます。
また、そこでカメラを引いてるのがすごく好きです^^

あとはすごく見ているこっちが酔ってしまうようなカメラワーク(笑
一面緑で、ぐるぐるして、それでもってスピードが速い・・・
簡単に言うと絶叫系のあとらくしょんに乗ってるような感覚ですね。
面白いのは動画なのに、1枚1枚の静止画のように見えるカットです。
ずーっと動いているのに、不規則な感じで画面自体を止める・・と言ったらいいんでしょうか?
表現しがたいカメラワークなんですけど、あれは現実感がなくて面白いです。


でも、上のショットって一面緑以外、全部玉木さんが被写体なんですよね~・・・
山田さんはカメラワークより演技の方が重視されてる印象を受けました。
カメラワークで見せる結城と、演技で見せる賀来さん。
どちらも本当に演技力のある方でないとできないキャラクターではありますが
よりキャラが際立つように魅せるにはこういう効果もあるのかも知れませんね。


と、いうことで
MW本のネームをちょろっと・・・

↓描き

注:これはギャグ漫画の予定です。
  描いてる本人たち(静紅とヨーグルトで描いてます)はギャグにする予定です。
  ちなみにタイトルは「Book of B5 賀来裕太郎」です
スポンサーサイト

[ 2009/08/02 00:17 ] 近況報告 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
プロフィール

★もなか☆

Author:★もなか☆
BLゲーム製作サークル
monakacreationのブログです。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
フリーエリア
☆われらmonakacreationがお世話になっているサイト様や相互リンクされているサイト様です☆
同人ゲーム製作研究所 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。