FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

小説版千本桜弐巻 感想

しばらくこちらのブログは放置していましたが、ネタばれを含む感想を書くために久々に利用しました。

今回猛る想いをぶつけたい作品は「小説版 千本桜 弐巻」です。
ネタばれしかない暴走気味の感想を投下しているので、ご注意ください。

一応以下の感想は反転させて頂きます。
なお、ちゃんと読んだわけではなく、本編中の核になる部分だけを読んだだけなので
間がまるっとないクライマックスな感想です。
主に終番の佳境の部分からオチまでと、そこに繋がっている起・承・転の重要な部分だけになります。



いや、まずね、鏡音兄弟の過去がわかってかなり満足だよね!
そもそも表紙から二人だから、なんとなく予想出来たけど、なかなか確信の部分に触れてくれなくて
どうでもいい所を吹っ飛ばしてしまったってオチなんだけど。
未だに文章的な問題だろうけど、ちょっと二人の描写が曖昧すぎるのがちょっと微妙。
錬がどういうキャラクターなのかイマイチ掴みきれない。
壱巻はミクのキャラクターがぼやっとしてて、今回は錬がぼやっとしてるから
主人公として苦しい気がするよ。
鈴はもうああいった設定だから結構固まってるけど…片割れがモヤモヤしてるから味がいまいち染み出してないなぁ。
まぁ知らん間に未来があの世界に順応し過ぎてるのがびっくりなんだけどね、そもそも。
むしろ現代からタイムスリップした設定が海斗の一セリフくらいで消化されていたのがなんて言うか
悲しいよね。読んでないところで結構合ったのかもだけど、
基本皆のセリフだけで終わらせてるのは「一巻の内容を覚えていて当然」前提過ぎるよ~。

で、個人的にはけっこう楽しめたって感想なんですけども!
ここから先はガチの変態感想です☆

まずおいしいと言うか、あぁやっぱりね。的な設定で来ましたね双子ちゃん。
なにそれ?人買いに買われてひどい仕打ち受けて見せものにされて、あげく鈴ちゃんはあんなになっちゃったと。
で、なんやかんや読者に「さっしろよ」を押しつけて錬には当時の記憶がないと。
そうなんだよね、つらい過去があったから錬の記憶が欠落してるのは「さっしろよ」でわかったとして
どうやって2人が海斗に拾われたのか?とかは書かれていないのでやっぱり謎なのさ。
で、せっかく前半の方で置いていった布石をちゃんと拾わずに「さっしろよ」で回収したから
結局オオカミが未来に懐いていた布石がよくわからないまんまになってるよ。

あれってたぶん錬と鈴の匂いが未来についてたから人懐っこくすり寄ったってことなんだろうけど
明確には言わなかったからたぶんで終わってしまうな。

あとオオカミは錬と鈴が酷い目にあってるときからの友だちらしいが、あの表現の仕方だと
2匹のオオカミも兄妹っぽいよね。
だとしたらあの双子が神憑であるように最初に死んでしまった方のオオカミも神憑の可能性があるんじゃ?
いや、まぁいいけど。

で、錬と鈴は酷い折檻を受けて、それを見世物にさせられていたわけですが
いや、そもそも白い施設なに!?また布石が置かれて解決してない色々がばらまかれましたよ!?
あの御前賀の兄貴もきになるセリフ言い残してるし、巻が進めば何かしらわかるのかなぁ?
だとしたら双子の話も2巻だけで終わらさせずにもっと引っ張って欲しかった。
どっちかというと終わらせよう感が先走ってて、深い設定に見せかけた「どうでもいい話」扱いだったな。
超個人的な意見としては、もっと双子を痛めつけて欲しかった。
全年齢対象で、年齢層を落としてるからかかなりぼやっと表現過ぎて二人の恐怖が全然伝わってこなかった。

過去の恐怖から団長の命令には絶対逆らえないのなら、嫌で嫌で仕方なくても「本当の機械人形」のように
未来と戦って欲しかった。
そうすることで、錬と言うキャラが厚みを持てたとも思う。
感情が壊れて理性もなくなって、正しい判断が完全に出来なくなったから鈴が話せなくなったんじゃないだろうか?
と思うと、あまりにも錬が普通すぎるんだよね。
鈴をかばっていたって表現があるくらいだから、彼だって心を壊さないと平常ではいられなくなるはず
平常じゃないから普段がすっごく明るい素直でいたずらっ子なんでしょう?
で、鈴に危険がせまったりしたら別人みたいに怒るんじゃないのかな?
でも今回団長と言う恐怖の根源に合ってしまった事で、本当になんの感情も無くなった
壊れた状態になったから「使い物にならない」と判断されたはずなんだよね

のわりに錬は未来を守るし、すぐに海斗のセリフで我に戻るし
ならなんでいちいち「からくりん、かれくれん」で反応するんだろう
その呼び名がスイッチになってるというはっきりした行動がどこにもないのがもったいないよね。
私がわからなかっただけかな?



って感じで、面白かったんですけどもう一歩踏み込んでいた方がもっとおもしろかったのにと
思ってしまう、のむヨーグルトでした。
スポンサーサイト
[ 2013/10/31 01:05 ] 近況報告 | TB(0) | CM(2)
FC2カウンター
プロフィール

★もなか☆

Author:★もなか☆
BLゲーム製作サークル
monakacreationのブログです。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
フリーエリア
☆われらmonakacreationがお世話になっているサイト様や相互リンクされているサイト様です☆
同人ゲーム製作研究所 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。