FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

山田孝之さんにゾッコン中

立て続けに2本目の記事です。

1つ前の記事で山田孝之さんに惚れたと書きまして、どのくらいはまったのかをここ2週間ぐらいの私の行動とともに書き綴ってみようかと・・・



「MW」を観て、初めて山田さんを知りました。と、言うか初めて名前と顔をを覚えた俳優さんになりました。
なのでもちろん、玉木宏さんも全然知らないというダメっこでした。
それで、山田さんの演技に強い衝撃を受けて始まったのが「過去の作品観たいじゃない」衝動

wikiで過去の作品をチェックして、知っているタイトルのものを観ることに…
レンタルビデオ屋さんに行って、まずは「ウォーターボーイズ」を全借り。
たまたま見つけた「手紙」もちゃっかり借りました。
一週間レンタルなのにすべてを4日ぐらいで観終わってすぐさま次のDVDに。

「白夜行」を一気に借りてみた後、「イキガミ」を借りようとして「クローズZORO」を借りました。
そして「クローズ」を返したその日に「電車男」を借りに行って観終わった感じです。
まだまだ沢山見てない作品はありますが、原点である「六番目の小夜子」ってリアルタイムで見てたのに、当時は全然山田さんのこと気にしてなかったという不覚・・・。
今更レンタルあるかわからないし、ちょっとテンション下がってます。


でも、本当にすごい俳優さんですね。
続けて違う作品を観るから余計に思い知らされるんですけど、役柄によって180度人が変わっちゃいますね。
それでも、根本的なことろは変わらなくて、しっかりした感情表現ができる方なんですね。
山田さんって目の動きがすごいんですよね!!
一番好きなのは伏せ目がちな表情なんですけど、嬉しい時の表現とか、苦悩してるときの表情とかは全部目の動きだけでもわかってしまうような・・。
もちろん、他の俳優さんも当たり前にやってるのかも知れませんが、私は山田さんがすごくきれいだと思います。
あと気づいたことは、どの作品でも一回は殴られたり怪我させられたりしてるんですね(笑
やっぱり小さいからですかね?(爆

そういえば、最近の山田さんの印象って、「森のくまさん」なんです。
若干年と見え方に誤差があるから尚更そんな気がします。


という、なんとも堕落した日常を送っています^^

次は「鴨川ホルモー(DVD)」と「大洗にも星は降るなり」を観たいので秋が楽しみです♪
スポンサーサイト
[ 2009/07/30 23:48 ] 近況報告 | TB(0) | CM(2)

MW観に行ってきました

ず~っとパソコンの前に居たら、なんだかニートしているみたいな気がする、こんにちはのむヨーグルトです。


だいぶ前に、レイトショーで静紅と一緒に『MW』を観にいってきました。
久しぶりの映画鑑賞ですっ
しかも、初めて映画館で邦画を観に行ったという有様です。

と、言うことで以下は見てきた感想をだらだら書いてみたり。
以下ネタばれ含む可能性もあるのでお気を付けください。



まずは、冒頭過去回想シーン
ハッキリ言って、くどすぎる気がします。物語の重要な部分になるんでしょうが、どうせ後々見せるのだろうから、そんなに尺を取る必要はないかと。
炎はエフェクト過ぎると静紅がさんざん笑いを堪えていたり。
人を惨殺した光景を、何もわざわざそこまで見せなくてもいいのでは?とか思うほど、ハリウッド映画でもしないようなリアルさを変に求めているところもありました。


第一の事件
まぁ、どうでもいいことかも知れませんが、結城さんの衣装が全然似合っていないです。
てかただのおっさんに見えます。
ホントすいません・・・・。
そしてこの映画の最大の見せ場で、一番お金がかかったシーンはあまり必要性を感じませんでした。
結城というキャラクターを認識させるのには必要だったかもしれませんが、あと5分ぐらい短くても余裕だった気もします。(実際何分あったかはわかりませんが、そのくらいダラダラしていたように感じてしまった)
殺人シーンは、結構いいと思います。すっきりしていたし、結城らしい感じがとても出てました。

第二の事件
ここはかなりのお薦めシーン!
私と静紅の中では一番のお気に入りで、とっても映像が綺麗ですっ
第一の殺人より痛いカットにはなりますけど、山田孝之さんの演技のすごさが目の当たりになります。
というか、このシーンだけで初の俳優さんスキーになりました。
どのくらい好きになったかは、後々語ります。

第三の事件
CMとかパンフレットとかにしょっちゅう出てくる有名な殺人事件。
映像とか演技とか、そーゆーのは関係ないくらいすごいのは、被害者の運動神経(?)です。
あの状況下で耐えてるって、「筋肉番付挑戦者ですかっ!?」て突っ込みたくなるくらい極限状態のシーンなんですよ。
なのに、結城がちょんっとしただけであっさり・・・・・
火事場の切ない馬鹿力って感じです。

第四の事件
なんでかあんまり記憶に残らない事件です。直接手を下さないからでしょうかね・・・
というか、上3つの事件よりあっさりしてしまってるから薄れているのかも。
結構印象に残ってるのは、「賀来さんめっちゃ足速っ!?」「え、え~・・・!?なに余裕ぶっこいてそこに居るんですか、あんさんわ!?」「あれ?まさか瞬間乾燥?」「いったいどこに落ちてたんだよ、彼は…」って感じですね。
それで、そのあとに結城と賀来さんがボートに乗ってるシーンで、何ともぞんざいで空しいほどの落下劇。
カメラアングルの所為か、ひどく賀来さんがみじめに思えます。

第五の事件
ここまで来ると、約2時間の映画の中で何回事件起こしてるんですかってぐらい淡々と話が進んでいきます。
たぶんクライマックスの大事な事件なのに、一番あっさりスルーされてます。
どうして結城はその施設に入れたのか、どうやって人質を捕ったのか・・っていう説明がたった一言で片づけられるという悲しさ。
そしてやっぱりここでも別の所に印象が残ってしまうという・・・。
公衆電話で電話をかける賀来さん・・一体どこにその10円玉があったのか、教えてください・・・。



で、ラストシーン
納得できない終わり具合に、逆に納得してしまいました(笑
あ~続編的な?
まぁ、最後までずっと変に壺に入って二人で笑ってましたが・・観終わった後は変な方向で満足してました。

こんな感想ですが、気になった方は8月6日で上映終了らしいですが見に行ってみてはどうでしょうか?
個人的には映画館で観るなら1,000円で観ることをお勧めしたいと思います。





・・・追伸:今度の福岡であるイベントでMW本出します・・・
[ 2009/07/12 11:33 ] 近況報告 | TB(0) | CM(0)
FC2カウンター
プロフィール

★もなか☆

Author:★もなか☆
BLゲーム製作サークル
monakacreationのブログです。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
フリーエリア
☆われらmonakacreationがお世話になっているサイト様や相互リンクされているサイト様です☆
同人ゲーム製作研究所 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。